ネクタローム製品に使用されている成分一覧です。
ネクタロームが運営するオーガニック・ガーデンでは約50種類のアロマ植物、薬効植物、観葉植物が栽培されています。

アルガニアスピノウサ核油 - アルガンオイル - ネクタローム - nectarome

アルガニアスピノウサ核油
(Algania Spinousa Oil)
オーガニック成分

モロッコ南西部のみで、1本の樹から僅か1リットルしか搾れない貴重なオイルで、オレイン酸や必須脂肪酸であるリノール酸、ビタミンA、B、Eを含む多機能オイル(アルガンオイル)。

ニンテンジクアオイ油 - ゼラニウム - ネクタローム - nectarome - フェイシャルケア

ニオイテンジクアオイ油
(Pelargonium Graveolens Oil)
オーガニック成分

アロマとしても非常に優れた働きを持つ精油。お肌を守り、透明感・ハリ・ツヤを出します。

パルマローザ油 - ネクタローム - nectarome

パルマローザ油
(Cymbopogon Martini Oil)
オーガニック成分

皮膚細胞の調整をする働きがあり、あらゆる肌タイプに適しています。保湿に優れ、乾燥肌の方にも適しています。消炎作用があり、皮膚炎、湿疹、乾癬の改善を促し、抗ウイルス、抗真菌作用が、皮膚の感染症に効きます。

ブドウ種子油
(Vitis Vinifera Seed Oil)
オーガニック成分

ビタミンE(トコフェロール)含有量が高く、酸化に対して安定した油です。皮膚の状態を健康に保ち、感触がとてもさっぱりしているため、乳液やクリームに用いられています。粘性が低くさらっとした使い心地ですが、保湿効果があります。そのため、脂性肌や混合肌の人にも使いやすいオイルの一つです。リノール酸の割合が69%ととても多く、抗酸化作用や抗フリーラジカル作用によって老化防止に繋がります。

 

レモン果皮油
(Citrus Limon Peel Oil)
オーガニック成分

レモンの香りには、集中力を高めたり、気分をリフレッシュさせる働きがあります。血液の循環を促し、肌の色を明るくする効果があります。肌や髪の強化、イボやウオノメの改善効果があります。特に爪を守る精油として知られており、ネイルオイルとして使うのに適しています。皮脂の分泌を抑える働きがあるので、脂性肌に適しています。

イランイラン花油
(Cananga Odorata Flower Oil)
オーガニック成分

心をリラックスさせると共に精神を高揚させ、楽しさや喜びの感情をもたらします。イライラや落ち着きのなさが和らぎ、自信を取り戻すことができます。女性的なエネルギーを高める性質もあります。肌に潤いを与え、滑らかにする作用があります。頭皮の脱毛予防や髪の毛の成長促進、頭皮の皮脂バランス調整にも使われます。

ギンバイカ葉エキス
(Myrtus Communis Leaf Extract)
オーガニック成分

昔から「若返りの植物」として重宝されてきたハーブで、肌に柔軟性と潤いを与え、みずみずしい肌に導きます。

 

ニゲラサチバ種子エキス
(Nigella Sativa Seed Extract)
オーガニック成分

皮膚を柔軟に保ち、保湿、組織の再生、引き締めなどの効果が期待できます。

 

ローズマリー葉
(Rosmarinus Officinalis Leaf Powder)
オーガニック成分

細胞の老化を防止する抗酸化作用があり「若返りのハーブ」とも呼ばれています。ロスマリン酸が主成分で、抗菌作用や抗ウイルス作用があります。香りによるリラックス効果も期待できます。

 

ダマスクバラ花油 - ネクタローム - nectarome

ダマスクバラ花油
(Rosa Damascena Flower Oil)
オーガニック成分

約5000kgのダマスクローズの花から採れる精油は僅か1kg。非常に貴重で高価な成分です。芳香効果のあるバラの成分が体臭を芳醇な香りで包み込み、肌環境を整えます。

 

アルテミシアヘルバアルバ油(Artemisia Herba-Alba Oil)
オーガニック成分

香料として用いられています。

 

コロハ葉種子エキス
(Trigonella Foenum-Graecum Seed Extract)
オーガニック成分

古くからの民間療法として、外用でも用いられています。肌を滑らかにし、ニキビの治療、改善のために使用されています。

オルメニスミクスタ花水
(Ormenis Mixta Flower Water)
オーガニック成分

肌の保湿や潤いを保持させる目的があります。オルメニスミクスタはカモミールですので、香りによるリラックス効果が期待できます。

チョウジ
(Eugenia Caryophyllus (Clove) Flower Powder
)
オーガニック成分

皮脂抑制効果、ニキビや吹き出物の予防効果、殺菌効果があります。

キャラウェー種子エキス
(Carum Carvi (Caraway) Seed Extract
)
オーガニック成分

ニキビ肌や、頭皮環境の改善に有効とされています。

アニス種子エキス
(Pimpinella Anisum (Anise) Seed Extract)
オーガニック成分

肌の汚れを取り除き、体臭を軽減させる作用のあるエキスです。日焼けで炎症を起こした肌のコンディションを整える働きもあります。

タチジャコウソウ葉/茎
(Thymus Vulgaris (Thyme) Leaf/Stem Powder)
オーガニック成分

ハーブの中でもNo.1と言われる殺菌作用があり、体臭の予防やニキビ予防の化粧品に使われることが多い成分です。皮膚を柔軟にする働きもあります。

アマ種子
(Linum Usitatissimum Seed Powder)
オーガニック成分

古代エジプト時代から使用されていたハーブ。肌代謝の促進やくすみの解消に役立ち、肌の水分保持力の向上と合わせて乾燥肌、シワ、たるみなどの改善にも有効とされています。

ラベンダー花エキス
(Lavandula Angustifolia (Lavender) Flower)
オーガニック成分

ダイズ種子
(Glycine Soja (Soybean) Seed Powder)
オーガニック成分

皮膚コラーゲンに対する美白効果・抗炎症効果・保湿効果などが期待されます。皮膚中のコラーゲンの代謝活性を向上させ、皮膚の老化防止作用があるといわれています。

インゲンマメ種子
(Phaseolus Vulgaris Seed Powder)
オーガニック成分

抗酸化作用を持つポリフェノール類を多く含み、シミ・シワ・たるみなど、エイジングケアに役立ちます。肌の新陳代謝向上・肌荒れ予防にも効果が期待できます。大人ニキビの原因となる過酸化脂質の生成を抑制する働きもあります。

ウイキョウ種子エキス
(Foeniculum Vulgare (Fennel) Seed Extract)
オーガニック成分

紫外線による肌へのダメージを抑制する作用があり、DNAの修復を活性する効果から、紫外線障害を修復する作用も期待されます。抗菌作用があり、ニキビ予防の化粧品にも使用されています。

ヒヨコマメ種子
(Cicer Arietinum Seed powder)
オーガニック成分

種子の油分が肌にツヤを与え、汚れを取り除く働きがあります。

ソラマメ種子エキス
(Vicia Faba Seed Powder)
オーガニック成分

ビタミンB・ビタミンCが豊富に含まれており、肌のハリを保つコラーゲンを生成する働きがあります。

サボンソウ葉エキス
(Saponaria Officinalis Leaf Extract)
オーガニック成分

洗浄効果に優れ、肌の汚れを取り清潔に保ち、古い角質を取り除く作用があります。

カオリン
(Kaolin)

白色顔料として、他の粉体の肌への付着性を高めたり、パウダー基剤とする目的で、ファンデーションやパック、ベビーパウダーなどに配合されている成分です。

コーンスターチ
(Zea Mays Starch)
オーガニック成分

トウモロコシを原料として作られるデンプン。とろみを出すために使われています。

ゲラニオール
(Geraniol)
天然由来成分

研究によりゼラニウムから発見された成分で、バラに似た香りです。皮膚を柔らかくする効果や、皮膚の弾力を回復させる働きがあります。

リナロール
(Linalool)
天然由来成分

グリーンフローラルの香りを持ち、ほとんどの精油に含まれている大切な成分です。この成分の主な効果として、鎮静、抗うつ、睡眠導入等があります。リラックス効果が高い精油です。

シトロネロール (Citronnellol)
天然由来成分

精油に含まれる芳香成分の一つで、昆虫忌避作用があり、防虫効果や虫よけ効果が期待できます。抗菌作用にも優れています。

ポリステアリン酸スクロース / パルミチン酸セチル (Sucrose Polystearate and Cetyl Palmitate)
天然由来成分

ショ糖と天然油脂由来の脂肪酸から作られる成分で、化粧品の乳化剤として用いられます。肌を滑らかに整える働きがあり、肌や粘膜にも刺激の少ない安全性の高い物質です。食品にも使用されています。

ステアロイルグルタミン酸Na
(
Sodium Stearoyl Glutamate)
天然由来成分

皮膚と同じ弱酸性なので皮膚や粘膜に対する刺激が少ないのが特徴です。泡立ちや洗浄力に優れ、敏感肌用の石鹸やシャンプー、乳化剤、保湿剤としても使用されることが多い成分です。

ステアリン酸グリセリル
(Glyceryl Stearate
)
天然由来成分

最も古くから使われて来た合成界面活性剤の一つで、天然由来の合成界面活性剤です。
乳化作用、分散作用、浸透作用があり加脂肪剤として石鹸やシャンプーに使われ、化粧品では安全性の高い乳化剤として、品質の安定を保つために使用されています。

炭酸ジカプリリル
(Dicaprylyl Carbonate
)
天然由来成分

天然の油脂より酸化しにくく安定性の高いエステル油の一つ。化粧品に配合される場合のエステル油は特に高級で安全なものを利用し、成分を混ぜ合わせるための溶解剤としてよく使用されます。炭酸ジカプリリルは、エステル油の中でも滑らかでよく伸びるのが特徴です。

セテアリルアルコール
(Cetearyl Alcohol
)
天然由来成分

ステアリルアルコールとセタノールを混合して作られている、脂肪族アルコールの一種です。肌への安全性も高く安心です。粘度や品質の劣化を防いだり、様々な成分の肌触りを整えてくれます。
保湿効果に優れ、肌を保護し、柔軟性を高める働きがあります。

キサンタンガム
(Xanthan Gum
)
天然由来成分

水溶液は微生物由来の天然ガム質で非常に粘性があります。
保湿効果、粘増効果があり、肌表面で保護膜を作り保湿性を高め、乳液やクリームの乳化を安定させ、感触の改良目的で化粧品に配合される成分です。水に粘性を与え、製品のしっとり感や、さっぱり感といった使用感を調節します。

ココグリセリル
(Cocoglycerides
)
天然由来成分

天然油脂由来の脂肪酸であるステアリン酸、パルミチン酸、ミリスチン酸およびラウリン酸の混合物とグリセリンから作られる物質です。肌を滑らかに調整し、お肌の乾燥を防ぐ働きがあります。

トコフェロール
(Dicaprylyl Carbonate
)
天然由来成分

大豆、小麦等の植物から取れる天然ビタミンEです。酸化防止作用があり、抗酸化剤として使用されます。血行促進作用、脂質の抗酸化作用があり肌荒れを防ぎ、加齢によるしわやたるみ、くすみを防ぐ目的で使用されています。

グリセリン
(Glycerin
)
天然由来成分

脂肪を分解して得られる3価のアルコールです。可溶化剤、保湿剤などとして使用されます。皮膚に対する柔軟剤として、製品ののび、すべりを良くします。吸水性に優れているため皮膚にうるおいを与え、肌への感触の調整として配合されています。

デヒドロ酢酸 / ベンジルアルコール
(CDehydroacetic Acid and Benzyl Alcohol
)
天然由来成分

デヒドロ酢酸のナトリウム塩で水溶性防腐剤です。防腐剤ですが、殺菌作用はなく微生物の発育を抑制する静菌効果があります。ベンジルアルコールは、天然にも存在するため天然由来としてオーガニック化粧品の植物エキスを溶かし込む溶剤としても使用されます。


(Aqua)

常水を蒸留して精製した水です。精製して不純物を取り除いた水で、無色透明で、pHは5.5~7位です。溶媒となって他の成分を溶かし込み、成分の特徴を引き出す重要な成分です。

 

Scroll Up