アルガンオイルとは

モロッコに生殖するアルガン樹の実から取れるオイル「アルガンオイル」は、世界で最も高価なオイルと言われています。そのエッセンスは、最も価値のある食物の一つであるとされ、世界各国の科学者や医療関係者もその効果を認めています。

人生の果実

アルガン樹(アルガニア・スピノーザ)は、モロッコ南西部にしか生殖せず、世界で最も歴史の長い樹のうちの一種とされています。絶滅の危機を乗り越え、25000年もの年月を生き抜いたアルガン樹は、1998年、ユネスコ世界文化遺産として認められました。

アルガンオイルは、アルガン樹の穀粒から生産される植物油です。
何世紀もの間、ベルベル族(モロッコ南西部の民族)は、アルガンの実が「人生の実」と称されたほどの効能があることを知っていました。モロッコでは、アルガンオイルを朝食時にパンに浸したり、クスクスやパスタに吹きかけて使います。(アルガンオイルを使うのは裕福なモロッコ人です。一般的にはオリーブオイルが使われています。)

世界中で、ハイエンドパーソナルケア製品の成分として、そして心臓病に対して効果的なで健康なグルメ製品としての評価を確立しています。また、現代の民族薬剤師達は、皮膚病やリウマチに対しても非常に効果的なオイルであると実証しています。天然化粧品メーカーは、アルガンオイルのアンチエイジング効果に注目しています。

 

You may also like

Scroll Up
×